赤ちゃんミルク用ウォーターサーバーなら、絶対に軟水を扱っている所を選びましょう

今、飲み水に気を付けている家庭が非常に増えています。

 

特に、赤ちゃんが居る家庭ではその傾向が顕著で、赤ちゃん用のミルクを作る際にミネラルウォーターを使うというお母さんも多いです。

 

家庭用ウォーターサーバーを取り入れて、毎日のミルク作りに利用している家庭も多いと思いますが、これから導入するにあたり、そういった用途の場合はどのウォーターサーバーを選ぶのが良いのでしょうか。

 

まず、赤ちゃんのミルクですが、ミネラル分の少ない軟水で作ることが推奨されています。

 

これには理由があり、大人は過剰に摂取したミネラルを尿として排泄することが出来ますが、まだ腎臓など内臓の機能が未熟な赤ちゃんには大きな負担をかけることになるからです。
ですから、赤ちゃんのミルク用でウォーターサーバーを選ぶ際には、まず水の質を確認することが重要です。

 

今ではどの業者でも軟水・硬水を用意していますが、その軟水の中でも水の硬度が60以下、理想を言えば30以下PH6~8の軟水であることが良いでしょう。

 

実は、このレベルの軟水は、日本の水全般が当てはまります。
日本の土壌が軟水を作り出す土壌であるため、水道水でもこの基準はクリアしていると言えます。

 

ウォーターサーバー用の水であれば、日本国内で採れたミネラルウォーターであれば条件は満たしています。
自然水でなくても、化学的に濾過などをした超軟水と呼ばれる水もありますから、そういった物でも良いです。

 

まだ体の弱い赤ちゃん用の水は、値段よりも何よりも安全性を重視したいものです。
しっかりと適した水を選んであげることが、赤ちゃんの健康へと繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>