会社用ウォーターサーバーの導入の際に考えるべきこと

家庭用のウォーターサーバーの普及により会社でもウォーターサーバーを設置したり、設置を検討するようなところが増えています。

 

現在ではウォーターサーバーのほとんどの業者が法人契約が可能となっています。

 

しかし、会社用ウォーターサーバーはやはり家庭用のウォーターサーバーと導入の際に重視しなければならない点が少し違います。

会社の用のウォーターサーバーと家庭用のウォーターサーバーとのおおきな相違点は使用する水の量が全く違うということです。

 

これは会社の規模とか季節などによっても違いが出てきますが、会社用ウォーターサーバーは家庭用と比べ物にならないくらいに水の消費量が多いと考えておくべきです。
そうなれば会社用のウォーターサーバーの導入時にはウォーターの単価とウォーターの配送時間のことを重要視すべきだと考えられます。

 

会社用ではかけられる経費が決められていたり、経費の削減を求められたりしますから、ウォーターの単価は安いことに越したことはありません。

予算と使用予定量などを考慮してウォーターの単価を考えるべきでしょう。

 

その上、会社用ウォーターサーバーは人数が増えたりした場合や季節によってウォーターの使用量がかなり変わってきますので、注文してからウォーターが配送されるまでの時間が短い方が水を切らせたりしないので、配送までの時間も考慮にいれる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>