コスモウォーターは会社用に向いているの?

とりあえず業務用を探すこと

 

ウォーターサーバーというのは家庭用と業務用に分かれており、会社で利用する場合は業務用を入荷することが求められます。

 

業務用を扱っている会社というのは少ないですが、何社かは家庭用と併せて提供しているので見つけやすいと思います。

業務用でもサイズ自体変更されるということは無く、すっきりして使いやすいものとなっています。

 

問題はボトルという部分になるでしょう。

家庭用なら小さくても問題ありませんが、業務用はかなり大きなものを購入しなければなりません。

 

それが出来なければボトルの消費が激しくなり、途中で買い増しということになります。

大量にボトルを提供してくれる会社を選ぶだけでなく、元々の水量が多い会社を選ぶべきです。

 

10リットル以上のボトルを提供している会社が望ましいでしょう。

 

業務用の中では一番お勧めできるのが「コスモウォーター」が提供しているサーバーです。

 

家庭用も提供していますが、業務用に大量のボトルを提供することも行っています。

これを利用することが出来れば、美味しい水を大量に入荷できますし、何よりもサーバー自体のレンタル料が無料なので助かります。

 

ボトル自体も比較的安く、12リットルも入っているのでありがたいです。

また水の産地を選べるという利点もあり、使いやすいサーバーとなってることは確かです。

 

利用する場合はレンタル料というものを考えつつ、出来る限りサーバーは無料で借りられる所を選んでください。

その上で10リットル以上のボトルを提供してくれる会社を見つければ問題ないでしょう。

 

味に拘るか、値段に拘るか。

 

業務用ウォーターサーバーの導入を考える時、一番気になるのが値段です。
それもそのはず、ウォーターサーバー業界は最近出てきたもののせいか、ボトル1本の値段にかなりの差があります。

 

もちろん名水を使いたいというのであれば別なのですが、そうでなければ一本の値段差がとんでもない事になります。

 

家庭用だと大体1ヶ月のボトルの消費量は3本~6本程度です。
大体のところは1本のボトルが12ℓなので、会社でどれだけ使うかをまず把握してください。

 

まず、水自体の品質にはそこまで拘らないというのであれば「コスモウォーター」のRO水がお勧めです。

 

基本ボトル1本2000円前後が一般的な値段なのですが、RO水のみ1,274円という破格の値段になっています。
約800円の差は、ボトルの本数が増えれば増えるほど無視できなくなります。

 

加えて、機械本体のレンタル料も無料です。

条件として月3本以上の注文が必要ですが、そもそも会社で使うのに3本(36ℓ)以下なんてことはまず無いでしょう。

 

特に気にする事のない条件といえます。

そして水単体ではなく、お客様に対して美味しいお茶や珈琲をと考えるのであれば、各種天然水をお勧めします。

 

こちらは会社によって多種多様にあるので、会社で選ぶよりは水の種類で選ぶべきです。
大体は会社毎に、使用されている水にはとても正確な記述があります。

 

そして殆どの会社は、一番推している水を大きく宣伝しているので分かりやすい筈です。
味の違いも、軟水寄りか硬水寄りで色々あるので、ある程度会社としての意見をまとめてから選ぶべきです。

 

単純にお茶として飲むには、ある程度の硬度があったほうが美味しいです。
ただし他の飲み物をメインとするのであれば、硬度重視とも言えないのでそこは会社次第です。

 

味重視か、それとも値段重視か。
まずはそれをハッキリさせてから、ウォーターサーバーを選んでください。

 

会社で大量消費なら、安さNO’1のコスモウォーター

 

現在では家庭用にターゲットを移してはいますが、本来のウォーターサーバーのターゲット層といえば業務用でした。
また、会社の環境整備という形で、社員に少しでも良い労働環境を用意しようという目論見でウォーターサーバーを導入する企業が増えています。

 

もし、会社で新しくウォーターサーバーを導入するにあたり、一体どのようなポイントで選ぶべきなのでしょうか。

 

家庭用とは消費量も目的も違いますから、同じ基準で選ぶと損をしてしまうこともありそうです。

会社で使うウォーターサーバーというのは、消費量は家庭とは比べものになりません。

 

そこで、一番重視したいのがボトル1本あたりの値段です。
会社であれば大きな所であれば10人以上の方が利用するでしょうから、5本や6本では足りないかもしれません。

 

また、非常時の水の備蓄ということも考えれば、かなりの量が必要となるのではないでしょうか。
そこで、一番価格の安い所というと、コスモウォーターのRO水です。

 

12リットルあたり1,274円となっており、サーバーの電気代も省エネタイプとなっているので月額400~1000円程度です。
月3本以上であれば配達料は無料、サーバーのレンタル代も無料となるので、非常にコストが抑えられます。

 

ボトル単位で考えればアクアクララも1,296円と同じぐらいなのですが、こちらはサーバー代などが掛かります。

増税によって経営も苦しくなる中、少しでもコストを安くしたいのは当然のことです。

 

様々な面から判断して、最適なウォーターサーバーを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>